プロ野球 2005

昨日コナミカップことアジアリーグが開幕しました。アジア日本一を決めるというあれです。
日本代表はどこのチームなのかと言うと今年の日本王者千葉ロッテマリーンズです!
今年の日本シリーズを振り返って見ると思うことが多々ありました。

「勢い」  「試合勘」

マリーンズには勢いがあった。 タイガースはリーグ優勝を決めてから試合間隔が空きすぎた。
こういうような表現がとても多かったような気がします。
確かにそれはその通りだと思います。けど、それと同時になにかマリーンズの日本一が否定されてるようにも私は感じてしまいました。
ちなみに私は北海道日本ハムファイターズのファンです。今年のマリーンズは同じパリーグのチームとして見ていても本当に強かった。
しかし、プレーオフに一位通過したのはソフトバンクホークスです。二年連続プレーオフで涙したホークスファンの方々の気持ちはよくわかります。><
パリーグのプレーオフはまだまだ問題点はあります。これから改善していくべきでしょう。(借金チームは出るべきか‥、一回戦は三試合制でいいのか等)
プレーオフの時にも 「試合勘」 という言葉が出てきました。
パリーグにはプレーオフがある以上制度が改善されるまでは三位のチームも優勝することを真に受け止めなくてはならないと思います。

セリーグも個人的には同時にプレーオフ制度を入れてほしかった。消化試合がすごく減りますし。しかし、何故か反対意見が多い‥‥。
人気という点でいくと確かにパリーグはセリーグには劣ると思います。
だからプレーオフを取り入れ盛り上げようと思い導入したんだと思います。実際去年ファイターズが出てかなり盛り上がりました。
パリーグにとっては今年の交流戦も大きかったです。セリーグは観客動員が減った球団が多かったみたいですが‥
2007年からセリーグもプレーオフ制度が検討されてるとのことです。それでもし、パリーグのチームが四連勝したらなんと言われるのか気になるところでもあります(笑)
確かにマリーンズに勢いはありました。けど勝ったのは

                    「実力」
だと思います。
現に昨日マリーンズは2週間という試合間隔を苦にしませんでした。(単純比較はできませんが)
プロ野球人気低迷が囁かれている昨今(私はそうはおもいません、そのことは別の機会にでも‥) 2006年もさらに盛り上がるには両リーグによる努力が必要なのではないでしょうか。
もちろんファンの皆様の熱い声援も^^




最後に‥ ‥ アメリカで18歳の市長が誕生したそうです‥若っ!?

                                            by G・マサト
[PR]
by samuraiguts | 2005-11-11 11:50 | スポーツ
<< 大相撲九州場所 初めてのブログ >>